自作小説『ふりむいてよキャプテン』ifストーリー~にっしーとさほちゃんの場合~


こんにちは、『優月の気ままな創作活動』にお越し頂きありがとうございます。

管理人の春音優月(はるねゆづき)と申します。

今回は、執筆開始四周年の記念として、過去にブログで書き下ろしたifストーリーを載せたいと思います。野いちごに投稿した作品『ふりむいてよキャプテン』のifストーリーですが、ifなので本編で実際にくっつく組み合わせとは違っています。

あくまでお遊びの小話なので、正史ではないことをご了承くださいm(_ _)m

本編の小説情報

小説のリンク先は、小説投稿サイト 野いちご です。

『ふりむいてよキャプテン』
【野球部】【恋】【青春】【仲間】
2015.5.15~2015.09.22
野球のルールは全然知らないけど、キャプテンかっこいいからマネージャーになってみた。野球に興味のなかった女子高生が、三年間を通して恋したり色々悩みながらも野球部で青春を送るお話。

小説紹介のブログ記事はこちらから

ifストーリー『にっしーとさほちゃんの場合』

『ふりむいてよキャプテン』
ifストーリー~にっしーとさほちゃんの場合~

(もしも、あみちゃんとミッチーが付き合った場合、さほちゃんとにっしーはこうなる(かも))

放課後の、夕焼けに染まるグラウンド。

「西川先輩、またあみ先輩たち見てるんですかぁ?もしかして、まだ未練あったりしませんよね?しつこい男は嫌われますよ?」

今日もみんなの靴にたくさん踏まれた内野側の土を整備しながら、ある一点を見つめている西川先輩。

さほもグラウンドを荒らさないよう、先輩にゆっくりと近づく。

先輩の視線の先には、グラウンドから校門へと向かうマネージャーで西川先輩の元カノのあみ先輩、とその隣を歩く三浦くん。

さほとしては好都合なことに、夏休みが終わって少ししてから、付き合い始めたふたり。

「さ、さほちゃん……、別にあみを見てたわけじゃないよ。俺はあみが三浦を選んだなら、それでいいと思ってるし。それに俺とあみが付き合ってたのってけっこう前だし、ゼンゼン気にしてない、よ?

……。き今日も疲れたな-、さっさとグラウンド整備して俺も早く帰ろ~っと」

口ではそんなことを言いながら、西川先輩はトンボを一心不乱に動かしはじめた。

それ、余計グラウンドがぐちゃぐちゃになってますよ?

「もう仕方ないじゃないか。
いい加減あきらめましょうよ」

「だから俺はもう未練ないって……」

「あみ先輩が小野先輩を好きだった時なら、まだ可能性ありましたよ?で、も、もうムリだと思いません?」

「……」

「だって、あんなにあみ先輩を想ってた西川先輩には見向きもしないで、ぽっと出の三浦くんの方に行くってことは、西川先輩のことぜーんぜんタイプじゃないってことだと思いますよ?友だちとしか見られてないんですよ。それに、」

「……ちょ、さほちゃん!
分かった、分かったから!
ちょっと待って!それ以上言われたら、マジで心折れそう」

「あ、ごめんなさぁい。もうとっくに心折れてるかと思いましたぁ」

悪びれもしないで、てへっと舌をだしたさほに、西川先輩苦笑い。

「自分でも分かってるから。
可能性ないって……」

整備のためのトンボを持ったまま、大げさにため息をつくと、西川先輩はうつむいたまま、グラウンドから顔を上げない。

本格的に落ち込んじゃったみたい。

本当は、さほは知ってる。
あみ先輩が西川先輩のことを気にしてたこと。

それに気づかないふりして、上手く言いくるめて三浦くんとくっつけたのも、さほ。

でも、ね、そのことは一生教えてあげない。

「そんなに落ち込まないでくださいよぅ。大丈夫ですよ、先輩にはさほがいるじゃないですか」

だって、さほは西川先輩が好きだから。

さほは、なーんにも悪くないよね?
もたもたしてる方が悪いんだもん。

好きな人とその好きな人との仲を取り持ってあげようなんて、そこまでお人好しじゃない。

「……」

せっかくなぐさめてあげてるのに、喜ぶどころか、さほの顔を見て、またまた大げさにため息をつく西川先輩。

本当に、失礼だよね?

「もう、何か言ってくださいよぅ。
女の子が告白してるのにスルーってひどくないですかぁ?」

「……告白なの?今の。
さほちゃんいっつもそんなことばっか言うじゃん」

「ひどいです~!

さほはいつも本気ですよ。さほが西川先輩以外の人にそんなこと言ってるの聞いたことありますか?」 

間延びしたいつもの話し方とは違って、真剣な表情を作ると、西川先輩は困ったような顔をする。

「本当の、本当に?」

「本当に、ほんとですよ」

真顔で答えると、西川先輩は一瞬考えるようなそぶりを見せたあと、照れたような笑顔を見せてくれた。

「……よし、分かった。
さほちゃんが本気なら、俺もまじめに考えますよ」

「きゃー!本当ですか!?
嬉しいです!そしたら、毎日一緒に帰りましょうね!もちろん電話とメールも毎日で、それから部活が早く終わった土日は、」

「ちょ、さほちゃん!俺、付き合うとは一言も言ってない!考えるだけ!考えるだけだから!」

勢い良く西川先輩に抱きつくと、西川先輩はしまったというような顔をしたけど、それには気づかないふりで、ますます抱きつく腕に力を入れた。

そんなさほにタジタジになりながらも、決してムリには払いのけようとはしない西川先輩に、さほに落ちるのも時間の問題だとこっそりほくそ笑む。

さほは、好きな人を手に入れるためには手段は選ばないの。

(おしまい)

あとがき

にっしーがちょっとかわいそうな感じになってしまいました(;´∀`)

『ふりむいてよキャプテン』という作品は、誰と誰がくっつくか分からない話で、恋愛フラグも乱立てです。もちろん正史では、くっつく組み合わせは決まっているのですが、色んな可能性があると思うので、もし違うカップルが成立してたらどうなっていたかなと思い、こんな話を書いてみました。

ちなみに違う組み合わせのお話もあるので、またそちらもブログに載せたいと思います。

短編・番外編, 創作活動

Posted by 春音優月