【クリスマス】ペーパークラフトのリースとドライフラワーのリースを作りました

こんにちは、『優月の気ままな創作活動』にお越し頂きありがとうございます。
管理人の春音優月(はるねゆづき)と申します。

前回のブログ記事で、以前作ったクリスマスのぬいぐるみ等を紹介させて頂きましたが、今回の記事では数年前に手作りしたクリスマスリースを紹介させて頂きたいと思います。

くまのクリスマスリース

くまのクリスマスリースが出来上がるまで

ペーパークラフトのリースを作ります。
ダウンロードした型紙を切って、一つ一つパーツを手作りしていきました。
材料は紙なんですが、意外と立体的に仕上がります。

くまのクリスマスリース完成品

完成!
どうでしょうか?紙だけでこんなに可愛く仕上がりました。
ぬいぐるみは毎年捨てるわけにはいきませんが、ペーパークラフトなら毎年気軽に飾りを交換することができます。
折り紙と一緒に壁飾りにしました。
毎年飾り付けを考えるのが楽しみなのです。

クリスマスとお正月の2wayリース

クリスマスリースver

こちらは、お花屋さんで購入したドライフラワーのリースです。クリスマスとお正月、二回使えるということにひかれて、購入を決めました。

リースの土台とドライフラワー、飾り(と説明書)がセットになっていました。
お正月用の飾りだけ分けて、後はドライフラワーと飾りをさしていきます。

挿すだけなので、簡単に出来るだろうと甘くみていたら・・・、松ぼっくりみたいなやつをくくりつけるのに手間取ってだいぶ時間をロスしまい、結局全部で2時間くらいかかってしまいました。

色々手間取りつつも、クリスマスリースverなんとか完成です。配置は見本写真を参考に、ちょっとアレンジして作ってみました。

クリスマスが終わったら、リボンを外してリースをかける位置をかえ、お正月用の飾りをつけると、また雰囲気の違ったお正月用リースになるという優れもの。

お正月ver

さて、次はお正月verの紹介です。
まずはリースからリボンをとり、水引とお正月ピックをつけて、リースをかける位置を変えます。
そして、完成です!
ちょっと変えただけなので、すぐ出来ました~。

ドライフラワー部分は変えずに、飾りを変えただけですが、これだけでもだいぶ雰囲気は変わったかなという気がします。

クリスマスが終わったらすぐお正月がくるので、少しデザインを変えて二回も使える飾りはありがたいですね。

まとめ

今回はクリスマスリース特集でした。
以前作ったものはまだまだあるので、どんどん紹介していきたいと思います。

手芸品色々, ハンドメイド

Posted by 春音優月